売上を上げるPOP作成の手順

 

その1

 

 

 

 

 

課題:名水コーヒーゼリー

 

 

 

商品「名水コーヒーゼリー(3個入り 税込630円)」に関する情報

 

 

 製造者のプロフィール

羊蹄山のふもとの京極町にある喫茶店。店内からは羊蹄山を望むことができ、地元民だけでなく ライダーにも親しまれている。

軽食メニューなども人気だが、オーナー自ら直火式焙煎機で豆を焙煎するコーヒーに定評がある。時間をかけて生豆の芯まで煎る事でそのコーヒーの持っている味(酸味・苦味・甘味・香り・コク)を引き出す。その時の生豆の状態で煎り方を調節したり、焙煎度合いを変えることによって一定の味を保ったり個々の味の特徴を見出すという熟練の技が必要。

 

 使用している水

環境庁名水百選に選ばれた北海道・羊蹄山のふきだし湧水を使用して作っている。

羊蹄山のふもとの京極町は「名水の里」とも言われ、湧き出る水は、四季を通じて水温が7度前後と一定。ふきだし湧水は、羊蹄山に降った雨や雪が数十年の歳月をかけて地下に浸透し、京極の地に湧き出した湧水。

1日の水量は約30万人の生活水量に匹敵する、約8万トン。

軟水のため、コーヒーや紅茶にぴったり。

 

 この商品の特徴

口にしたあと、珈琲の余韻が長く続く。いれたての珈琲をスプーンで味わっているような本格派。

コーヒーのソムリエが厳選した、華やかな香りと上品な甘みのコーヒーを丁寧に水出し抽出  (ウォータードリップ)し、ゼラチンではなく無漂白で安心の国産寒天で固めた贅沢なゼリー。

珈琲の良い香りがありながらも優しい苦みで、すっきりとした後味のスイーツ。

無糖仕立てなので、カロリー制限をしている方、糖尿病の方でも食べられる。

別添のシロップとミルクをかけてもよい。

シロップも京極の水を使用している。

 

↓ 「テーマの切り口」と「アピールしたいこと」に整理する

 

mmpop01

 

↓ 一例を入れると

 

 「名水コーヒーゼリー」の情報

 

mmpop02

 

アピールしたいこととして「羊蹄山のふもとの京極のふきだし湧水」、 の切り口は「使用している水」となります。 は、アピールしたいことが環境庁名水百選」、 その切り口は「名水」、3つ目水温が7℃前後で一定」であること、 その切り口は「使用している水の特長」になります。

 

 

 

回答を募集します 

 

質問です。

商品「名水コーヒーゼリー(3個入り 税込630円)」に関する情報から、  例を参考に「アピールしたいこと」「テーマの切り口」を3つ考えてみてください。

回答を送って下さった方には、先日の講習の特典として贈呈した「POPのビフォー・アフター事例集」の一部を差し上げます。 或いは何が難しかったかを教えていただいても結構です。回答、あるいは感想を送って下さった方に事例集を差し上げます。

ここは受講者の皆さんが相当悩まれたところです。奮ってご応募ください。

 

 

 POPのビフォー・アフター事例集

1.伝えたいことが伝わる内容になっているか
2.タイトルと説明文に整合性があるか
3.テーマが絞られているか
4.テーマの優先順位が整理されているか
5.ルールが守られているか

 

 

 

以下のフォームに、お名前、メールアドレス、回答 (感想)を書いて送ってください。

回答は次のようにご記入ください。

 

1. 切り口:

  アピールしたいこと

 

2. 切り口:

  アピールしたいこと:

 

切り口:

  アピールしたいこと:

 

 

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

回答 (必須)